ジアミンアレルギーの方へも白髪染めができるようになりました!

ジアミンアレルギーの方も白髪を染められる!/

カラーリングで最も
アレルギー反応が出てしまうのが
酸化染料のジアミンという成分

アレルギーが出る可能性と引き換えに
しっかり白髪を染めてくれる成分でもあります。

この
ジアミンでアレルギーが出てしまう方がいて
そんな方が白髪を染めるには
天然100%のヘナしかなかったのが現状

しかしヘナで染めると
白髪はオレンジ色にしか染まらない

このオレンジ色を隠すには
上からインディゴを重ね塗りしないとなんです
そうなると時間もコストもかかってしまう

それが遂に!

ノンジアミンで
白髪を染めれる
商材が出ました!
😊

髪と頭皮をいたわるカラー

ノンジアミンのカラー剤自体
数年前からあったんですが
おしゃれ染めの範囲で
白髪は染めれなかったんです
染まりが薄いので

それがようやく濃く染めることが
可能になり
白髪対応ができるようになったという訳です

では内容を

ジアミンなどの酸化染料不使用

オキシ不使用
アルカリ1/10
なのでダメージもかなり抑えられてます

カラートリートメントと同じ
塩基性、HC染料を使用

アルカリを使用するので
全くのダメージレスではありませんが
通常のカラー剤よりダメージは大幅ダウン
できております。

色もちも問題なさそうです

染まりのテストをしたんですが
加温は必須でした

類似品でヘアマニキュアがあるのですが
マニキュアは染める時
頭皮に付くと
ガッツリ頭皮も染まってしまうので
少し根本を外して塗らないとなんですが
このノンジアミンカラーは
頭皮についても通常のカラー剤ぐらいしか
頭皮が染まらないので
根本からしっかり染めれます

ここも結構ポイント高い!

しかもこのカラー剤

オプションで
ホームカラーもあります
😆

はい
美容師泣かせですw

というのは冗談で
今までは次回来店までの間は
自宅でヘナ染めをオススメしてたんですが

【白髪染めの頻度を減らす簡単自宅ヘナの方法】

これなら同系色で染めれるので
2週間ぐらいで気になり始める
根本の白髪ちゃん達を
目立たなくすることが可能!

これ使えば
3ヶ月ぐらい平気なんじゃなかろうかw

ちなみに
このホームカラーはあくまで
このノンジアミンカラーをされてる方限定です!

通常カラーをしてる方へは不向きです
お店での染まりが悪くなる恐れあり

その辺はまた今後検証していきます。

ノンジアミンカラーのデメリット

ここまでいい事ばかり
紹介してきたので
デメリットももちろんあります

髪を明るくできない

これはヘナと一緒ですね。
オキシ不使用なので
黒髪は黒髪のままで
白い髪のみ染めれます。

ただ
ライトナー
(色素が入ってない明るくする剤)
とオキシを使えば
7トーンぐらいまでは明るく
白髪染めが可能です

これはダメージも出ますが
ジアミンアレルギーの方向けの裏技で
アレルギーじゃない方は
通常カラーの方がしっかり染まります。

ちょっとコスパが悪い

通常カラーより
1,000円割高になってます。
新しい商材なので仕入れコスト高めです…

トータルで高評価カラー剤

デメリットはありますが
特に明るくしなくていいよ
って方にとっては
かなりオススメなカラー剤です

アルカリを使用することで
実は
酸熱トリートメントとMIXすることが
できちゃいます

酸熱トリートメントとは
簡単に言えば
ヘナよりトリートメント効果が高く
長持ちするやつ

なので
根本リタッチは通常の
低アルカリカラーで染めて
褪色が気になる毛先には
このカラー剤+酸熱トリートメントMIX剤で
色を補完しながら潤つや髪へ
なんてことも可能

そのまま酸熱トリートメントを混ぜず
毛先に塗っても
低アルカリカラーで先まで染めるより
ダメージを軽減できますし

僕のお客さんは
縮毛矯正をされる方が多いので
今後かなり役立ちそうです。

ということで

ジアミンアレルギーで
カラーリングを諦めていた方や
カラーダメージを気にする方にとって
救世主的なカラーになると思います。

ただ
ジアミンアレルギーのある方は
必ずパッチテストをして下さいね!

予約にパッチテストでご来店する
メニューも用意してますので
そちらをご利用ください。
説明とサンプルをお渡しします。

パッチテスは
48時間経過を見ないといけないので
ご来店当日は施術できません。
詳しいパッチテストの方法はコチラ
【日本ヘアカラー工業会ページ】

-カラー