縮毛矯正とカラーを繰り返してもコンディションをキープできる理由

髪が傷んだら
トリートメントを!

これ、一般常識化していますが
実は…

トリートメントで髪は治せません!

髪が傷むってどういう状態?

よくカラーやパーマをすると
髪が傷むって言いますが
髪が傷むっていうのは
いったいどういう状態なんでしょうか?

すごく簡単にいうと

髪のタンパク質がこわれたり
なくなっちゃってる状態

※出典 場末のパーマ屋美容師日記

これが元どおりになる事が
傷んだ髪が治るということ!

今現在、世界中探しても治せるトリートメントは存在しない

オーガニック
ボタニカル
遠赤外線
特許取得の新成分

などなど

なんか髪に良さそうな
うたい文句が日常に溢れてますが
実は
今現在
世界中どこを探しても
傷んだ髪を治せるものは
残念ながらまだありません。

どんなに
髪の深部に浸透させても
どんなに
強力に髪表面をコーティングしても

入れたものは出る
付けたものは剥がれる

なんです。

傷んだ髪が治るって事は
さっきの図のような
ボコボコになった穴を
しっかり塞いで
それがずっと残る事です

治してるんじゃなくごまかしてるだけ

いわゆるトリートメントで
できる事

傷んだ髪を治すんじゃなく
一時的に
傷んでないように見せるだけ!

これは
サロンのトリートメントでも
家庭のトリートメントでも
同じです。

僕がサロンで使ってる
ハナヘナのトリートメントも
あくまで
一時的に誤魔化してるだけです。

※出典 場末のパーマ屋美容師日記

皮膜系のトリートメントは
表面をコーティングして
綺麗に見せてるだけなので
爪のマニキュアみたいな感じです。

※出典 場末のパーマ屋美容師日記

どんなに優秀なトリートメントも
時間がたてば
元に戻ってしまうんです。

じゃあトリートメントなんて
意味ないじゃん!

っと言いたいんじゃなくw

髪は傷んだら治せない
という事を知った上で
カラーやパーマと向き合うといいんじゃないか

ってことです

カラーもパーマも縮毛矯正も髪を傷める

当たり前なこと言いますが
カラーもパーマも縮毛矯正も
髪を傷めます。

いやいや
そんなの知ってるよ
と、みなさん思いますよね

その通り
傷むんです!
と言う事は

美容師がやる仕事は
カット以外
ほとんど髪を傷める仕事だ
ということです!

トリートメントで髪をよくしてるのは
あくまで一時的ですから

なので
できる限り
髪の傷みを抑えた施術が求められます。

例えば
縮毛矯正をしてると飽きますよね
そこでパーマかけたい
カラー変えたい
とかなると思います

お客さんは
髪の事をそんなに知りません
当たり前ですが

逆に
美容師はお客さんより
髪のプロフェッショナルです

お客さんがやりたい事と
それに伴うリスクをしっかり把握し
どこまでデザインをとり
どこまでリスクをとるかを
話し合うのがカウンセリングです。

美容師が
しっかりダメージをコントロールすることで
縮毛矯正とカラーを繰り返しても
ツヤ髪をキープできるんです

 

 

 

 

 

Copyright© BICA Takayuki Ogawa Official Site , 2019 All Rights Reserved.