カラー

行動自粛でサロンに行けない!とりあえず自宅で一時対応する方法

  1. HOME >
  2. カラー >

行動自粛でサロンに行けない!とりあえず自宅で一時対応する方法

新型コロナウィルスで大変なことになってますね💦

一応お店は消毒、換気、マスク着用で対応しながら通常営業しておりますが、心配な方も多いと思います。今は感染拡大を防ぐ為、みんなで力を合わせて乗り越えないといけない時だと思います。

美容室は濃厚接触になるので、控えれる方は控えた方がいいと思ってます。とは言っても、カットやパーマはまだしも、白髪染めに関しては気になっちゃいますよね!

ということで、とりあえず自宅で一時対応するオススメ方法をご紹介。

自宅で対応する時の注意点

まず、注意点として、今回はコロナが落ち着いてきたらまた、サロンで染める事になると思います。

なのでサロンで染める時に邪魔にならないように今をごまかす必要があります!

これとっても重要!ほんとに重要!

NGな自宅対応

ホームカラー

ドラッグストアで買えるようなやつ、これの場合まずは色のチョイスを間違えると大変です。白髪染めの場合、通常のカラーより染料が多いのでリカバリーが困難です。例えば暗くなってしまった場合はその部分だけずっと暗いまま、明るくなってしまった場合は染めたては誤魔化せても時間と共に明るく抜けてきてしまいます。また色むら=ダメージむらになりますので、パーマや縮毛矯正に支障がでます

徐々に染まる系カラー

カラートリートメントのように徐々に染まることを謳ってるカラーは使用を控えて欲しいアイテム。有名なのは昆布のやつとか。徐々に染まる系のやつは、髪の表面に色のコーティングをする仕組みなんですね、なのでサロンで染めようと思った時に、その部分だけ染まりが悪くなります

ケミカルヘナ、インディゴ配合のヘナ

ケミカルヘナとはジアミンなどの人口染料を添加してるヘナのこと。わかりやすいのはブラウン系に染まると謳ってるヘナはケミカルヘナです。ケミカルヘナの詳しい内容はこちら
▼  ▼
ヘナとハナヘナの違い

ケミカルヘナの場合、人口染料が入ってるので、サロンで染める場合、その部分だけ明るくなりにくくなります。これは天然100%でも、インディゴが入ってるのも同じです。インディゴで染めると明るくなりにくくなるので、結果サロンで染めた時にムラになります。

ハナヘナの場合はこちらの商品

マホガニーとハーバルブラウンですね。

オススメ対応

シャンプーしたら落ちるタイプの白髪隠し

マスカラタイプやファンデーションタイプなどありますが、大事なのはシャンプーしたら落ちるってところ。これだとサロンで染めるカラー剤の邪魔にならないし手軽なのでオススメです。


ただこれらは毎日やらないとなのでちょっと手間ですけどね

ハナヘナナチュラル

ハナヘナのナチュラルで染める。これが一番オススメ!一回染めれば1、2週間は時間を稼げます!ハナヘナのナチュラルは染めてもサロンカラーの邪魔をしません。染める場合も、オーバタイムがないので例えば、夕方に塗ったらそのまま夜のお風呂の時間までそのまま塗りっぱなしで大丈夫だから、時間を有効利用できます。で、この場合、後ろや見えないところなどは染めずに、生え際や分け目などの目立つところだけ染めれば簡単です。ただナチュラルはオレンジ色に染まるだけなので完全に隠すというより、白のまま放置するよりは目立たないって感覚です。

自宅で部分ヘナ染めする方法の動画解説

ハナヘナナチュラルはこちら

安心、本物DOS直販

まとめ

こんな時なので自宅で対応できればその方がいいと思います。前半部分にも書きましたが、世の中には一見便利な商品もたくさん出てます。例えば使うほど染まるトリートメントみたいなのとか。でもそういい場合必ずと言っていいほどデメリットの記載がありません。それぞれメリット、デメリットがありますので注意が必要です。

早く終息して欲しいですね!

-カラー
-,

Copyright© 大人のくせ毛専門美容師 オガブロ , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。