パーマ 縮毛矯正

縮毛矯正してたってパーマをかけたい

  1. HOME >
  2. パーマ >

縮毛矯正してたってパーマをかけたい

縮毛矯正をしてると髪がまっすぐ
デザインなんてあって無いようなものと
言われてますが
縮毛矯正してたって
しっかりパーマをかけれますよ

縮毛矯正とデジタルパーマでカールが出せる

縮毛矯正をしてても
デジパでカールを出すことは可能です。

デジタルパーマってところがポイントで
これが通常のパーマだとダメなんです。

縮毛矯正してる髪に、通常パーマをかけると
縮毛矯正が取れた感じになってしまい
そこにパーマで動きが出るので
見た目がパサパサした感じになってしまいます。

クセが戻り、さらにうねるので
見た目はあまり良く無い。

デジタルパーマだと
クセの戻りを抑えながら
パーマの動きが出せるので
見た目が綺麗に仕上がります。

デジタルパーマとは
簡単に言えば
通常パーマ+熱処理
でかけるパーマです。

この原理は縮毛矯正と一緒なんですね!
なので縮毛矯正してる髪に対しても
クセの戻りがあまりなく、しっかりカールが出せます。

デメリットは?

もちろんデメリットもありますよ!

単純に通常パーマよりダメージは大きくなります。
熱処理が加わる分ダメージアップって感じですね

が、しかし
見た目のダメージ感は
通常パーマの方が出ます
さっき書いたように
縮毛矯正が取れてクセが戻るので
ウネウネしちゃうんですね

それと
縮毛矯正のみと比べると
若干艶感は落ちます。

デジタルパーマは片熱(内側からの熱のみ)
になるので、クセの伸びがやや落ちるんですね
ちなみに縮毛矯正で使うストレートアイロンは
両熱(内側、外側両方からの熱)ですので綺麗に
クセが伸びるんです!

そして
どんなカールも出せるかというと
そうではありません

ウェーブというより
コテで巻いたような感じのカールです。
あと、細かいオーダーには対応できません

内巻き程度かちょっと巻いた感じぐらいの差しか出せません💦

実例

ビフォアーがないんですが
毎月カラーでご来店いただいてるお客様です。

縮毛矯正は年に1回
梅雨前のこの時期にかけてます。
根元のクセの部分は縮毛矯正で
矯正履歴のある毛先にデジパでカールをつけていきます

東京銀座くせ毛専門,縮毛矯正に毛先デジタルパーマでカールヘア

仕上がりはこんな感じです。
毛先をコテで巻いたようなカールが出せます。

もちろん仕上げは乾かしただけの状態
ブラシやコテは一切使わず
普通に乾かして、最後毛先をクルクル捻って乾かして終了!

簡単です

毛先のアップ

東京銀座くせ毛専門,縮毛矯正毛にデジタルパーマで動きのある髪

メンテナンスは
ホームケアでDOSシャントリ
最初の数日アルカリオフ

カラーで来店した時に
2,3回に1回程度ヘナでケア

これだけですw

縮毛矯正とデジタルパーマはめちゃ傷むと
言われてますが
やりようによってはそこまでひどい状態にはならずに可能です

ただこの場合
カラー、縮毛矯正はきっちりリタッチ
薬剤のダメージコントロールをしっかりやる
髪質を見極める等ありますが

そこをしっかりできてれば
縮毛矯正とデジパの同時施術も大丈夫かと^ ^

湿気が出てきて
そろそろ雨の日が増えますが
縮毛矯正でもデザインを楽しむこともできますね!

-パーマ, 縮毛矯正
-, ,

Copyright© 大人のくせ毛専門美容師 オガブロ , 2020 All Rights Reserved.